ドラマ三昧 人気ドラマのネタバレ・衣装・ロケ地

人気ドラマのネタバレ・衣装・ロケ地

日曜ドラマ『OUR HOUSE』キャストと相関図

   

ourhouse0

2016年4月クールの日曜ドラマ『OUR HOUSE』が、芦田愛菜ちゃん、シャーロットさん主演で始まりますね!

 

芦田愛菜ちゃんの他にも、寺田心くんや加藤清史郎くん、松田芹香ちゃんと、子役のオールスターが勢ぞろい!

こんな豪華なドラマ初めて!どんなドラマになるか楽しみですね!

 
そんな『OUR HOUSE』の登場人物・キャストをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

『OUR HOUSE』相関図

ourhouse-c

 

 

スポンサードリンク

 

 

『OUR HOUSE』登場人物(キャスト)

伴 桜子 … 芦田愛菜

一家の長女、12歳

決して裕福ではないが肩を寄せ合って生きている大家族の長女。
中学一年生だがすさまじいにらみを利かせて、家族を制圧する一家の司令塔。

最愛の母を病気で亡くしてからは、かぞくを仕切らなければならないという責任感が強くなり、一家の家事全般をこなし、家族全員分の料理も作っている。

家族のために良かれと思って仕切っているが、そのしきり方が有無を言わさぬ非常に厳しいものなので、知らぬうちに家族を震え上がらせていることも多々ある。

母を失ったという大きな傷がいえない中で、父親が再婚相手のアリスを連れてきて目が鋭く光る。

「ママが亡くなってから半年で再婚だなんて、絶対認めない」と、あの手この手で「新しい母」であるアリスを追い出すべく、家族全員を巻き込んで、彼女に対して様々なバトルを仕掛けていく。

 

 

アリス・シェパード … シャーロット・ケイト・フォックス

一家の新しい母となるアメリカ人女性 31歳
アメリカ中西部出身。5歳のころに両親が離婚。

母が再婚したあとの家で冷遇され、実質1人で生きてきた。
写真かになりたいという夢を抱いているが、生きていくために仕方なくカジノでディーラーをして食いつないでいた。

自分は一生この街から出られないと思いこみ、閉塞感を抱いていたある日、客としてやってきた伴奏太と意気投合。

「この人がここから救い出してくれる救世主かも…」と根拠なく信じ込みスピード国際結婚とスピード来日に踏み切った。

しかしふたを開けてみれば目の前には個性のつよい大家族が…。

「いきなり4人のママになるなんて聞いてない!」と愕然とするが、ここで帰ったらまた同じ日々の繰り返しと思いなおし、とっさに「大家族の母」として生き抜く決意を固める。

アリスはそんな突拍子もないことをやってのける、天然で直情型の女性。
彼女は家族一人ひとりと戦いながら、もっとも高い壁として行く手を阻む桜子に、果敢に勝負を挑んでいく…。

 

 

伴 奏太 … 山本耕史

一家の父 38歳

思春期の頃からジャズにほれ込み、サックス1本でやっていこうと思ってきたものの、一級のプロ奏者にまではなれなかった。

しかし地道にバックバンドやライブ奏者に声をかけてもらうようになり、本人いわく「二流」のミュージシャンとしては、割と仕事がある状態。

正直、大家族を養うにはギリギリの稼ぎしかないが、大好きな音楽に触れられる仕事に就けている自分は幸せものだと思っている。

基本、ポジティブで常にハッピーな男性。
また、さまざまな人に垣根なく愛される人物であり、いわば「天性の人たらし」。

呼ばれる演奏は国内外問わないため、つねに留守がちであり、育児は妻と自分の父に任せていた。

そんななか、一家を支えていた妻が病気で亡くなってしまい、ふさぎ込んでいたが復帰して行ったラスベガスののショーの際、立ち寄ったカジノで「新しいママ」となるアリスに出会う。

 

 

伴 光太郎 … 加藤清史郎

一家の長男 14歳。中学3年生。

父の地を引き継いで、音楽の才能がありピアノが得意。
しかし実は本人は複雑な想いを抱えている模様。

妹である長女・桜子がガンガン張り切っていても幼い弟・妹が騒ぎまわっていても、いつも冷静。
ゆえに、父が再婚相手のアリスを連れてきてもリアクションは薄い。

外見には気を使っていないものの、顔は父親譲りのイケメン。
どこかミステリアスに見えたり、学校でサラッとピアノを弾いたりするので、女子からかなりモテる。

 

 

伴 新太郎 … 寺田心

一家の次男 7歳。小学2年生。
桜子からは「肉じゃが」と呼ばれている。

幼いながらもイケメンの父と兄に引け目を感じていて「どうせ自分なんか」と感じている様子がうかがえる。
亡くなった母のことが大好きな甘えん坊だった。

桜子の睨みを気にしてアリスとは距離を置くものの、アリスが桜子にやり込められているのを見てかわいそうだと思っている。
しかし時に要領よく立場を翻したりもする。

 

 

伴 桃子 … 松田芹香

一家の次女 5歳。幼稚園の年長。
目鼻立ちが整っている幼き美少女ながら、食欲旺盛なわんぱく娘。

亡くなった母や桜子からよく言われてきた「よく噛んで」が口癖で、食べ物だけだんく友達や家族のこともよく噛む。
桜子曰く、通称「カミツキガメ」。

アリスに対しては桜子の優秀な手先になり、たびたび、夫婦の邪魔をする役目を担う。

 

 

赤尾拓真 … 高山善廣

一家の叔母の夫 50歳。

浮気を疑われ、妻・琴音に実家に戻られてしまい、関係修復のため足しげく一家の元に通う大柄の救急救命士。

「格上」の救急病院の救命医である妻とは、仕事場でも顔を合わせるが一切口をきいてもらえない。

もともと口下手で何かを語ろうとすると、だいたい妻にまくしたてられ、ほどんど思うような発言ができないでいる。

 

 

伴 蓉子 … 渡辺舞

一家の亡くなった実母 34歳。半年前に病気で亡くなる。
子だくさんながら常に身ぎれいで優しく、歳暮のような女性。

自由気ままな夫を応援し、子供たちのことを一番に考え、実父・奏一郎の面倒をきちんと見ていた。

ひじょうに「できた」妻でもあり母でもあり、嫁でもあった。

 

 

鏡准一 … 犬飼貴丈

桜子の担任 24歳。

大学を卒業したばかりで初めての担任を受け持つ。
キャパシティがなく、すぐに「無理だから!」と言ってしまうのが口癖だが、悪い人間ではない。

ただただキャパシティがないというだけの若者。
イケメンがゆえに、非常に残念な男性。

 

 

三上丈治 … 塚本高史

一家の叔父 32歳。亡くなった一家の母・蓉子の弟。
近所で焼き鳥屋を営んでいて、周囲からは「アツいお兄ちゃん」て存在。
義兄・奏太が姉の死後半年でアリスを連れてきたと聞きつけると、怒鳴りこんだりする単細胞なところもある。

一方で、意外に真実をつくところもあって、桜子が素直に思いを吐露できる相談相手でもある。

自身も離婚していて、6歳の息子の親権を元妻にとられている。

 

 

赤尾琴音 … 松下由樹

伴家 一家の叔母45歳

救急病院の救急医として働く有能な医師として仕事に打ち込んできた。
夫との間には子どもがいない。

それなりに幸せに暮らしてきたはずだが子の人生が正解だったのか、自問自答している。

そんな折、夫の浮気を疑うようになりブチ切れして、離婚届を突き付けて実家に戻ってきた。
離婚届け出されておらず、夫はたびたび一家に顔を出して謝っているものの、許していない。

夫婦間のストレスからか、たまに情緒不安定になる。

丈治が経営する焼き鳥屋でよく飲んでいて、自分の身の上話をしょっちゅう語っている。

一家に身を寄せている以上、司令塔の桜子のことを常にたてている。

 

 

伴 奏一郎 … 橋爪功

一家の祖父 74歳。退職して今は年金生活。

息子の奏太が突然、再婚相手をアメリカから連れてきたことに一瞬ひっくり返るが、最愛の嫁・蓉子を亡くして寂しかった気持ちも理解している。

つねに飄々としており、一家の騒動をどこか楽しんでいるようにも見える。

ものすごい仕切り屋の孫・桜子には「良いおじいちゃん」としていつも従ってあげている。

時には、一家の長として、皆を一瞬で納得させられるような言葉を持っている魅力的な男性。

 

スポンサードリンク

 - OUR HOUSE , , , ,